仕事に意欲的に取り組む為に必要な12の条件

「意欲が無い」と非難する前に

10月31日付で日経新聞のWeb版に掲載された、
「仕事に意欲的に取り組んでいる人の割合」調査の結果が話題になっています。

 

意欲なく仕事嫌いな従業員9割も 世界23万人調査
 ※調査元は米のギャラップ社(世論調査及びリサーチ会社)

 

それによると、日本において「仕事に意欲的」な人は7%とか云々。

それも大きな問題ですが、ぜひ注目していただきたいのは、

この記事の後半にある
「仕事に意欲的に取り組むために必要な12の条件」。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【成果と達成感】
 1 職場で自分が何を期待されているか知っている
 2 仕事を間違いなくこなすための材料や道具をもっている
 3 職場で、毎日、自分が最も得意なことをする機会がある
 4 この1週間に、職場で良い仕事をしたとして認知されたり称賛を受けたりした

【信頼・安心できる関係性】
 5 上司やその他、職場のだれかが、自分のことを

   一人の人として気にかけてくれているようだ
 6 私が進歩していくのを励ましてくれる人が職場にいる
 7 職場で、自分の意見をくんでくれる
 8 会社の使命や目的が、自分の仕事は大切だと感じさせてくれる
 9 同僚たちは質の高い仕事をしようと努力している
 10 職場に仲の良い友人がいる

【自己成長】
 11 過去6カ月の間に、私の仕事が進歩したと職場のだれかに言われた
 12 昨年、仕事で学び成長する機会があった

 ※【】の見出しはライフ・ポートフォリオが付記

  ※ 日経新聞の該当記事が削除されたため、以下を参照及び引用
    『これが答えだ!』( 日本経済新聞社刊)

  カート・コフマン&ゲイブリエル・ゴンザレス=モリーナ著
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

仕事で成果を出すことができ、自己成長の実感を持て、
信頼・安心できる職場であること。

いま、意欲を持てずに働いている人は、
この鎖のどこが切れているのでしょうか?

この12の条件を見直してみると、自分の/職場の/組織の・・・

改善すべき場所が見えてきそうです。

 

 

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook