『自分の可能性をぶち破る』ために必要なもの

健全な欲望と、自分への信頼感

 

今月予定している営業セミナーにご参加になる方から
とてもクリティカルなご質問をいただき、つらつらと考えていました。

 

その質問と言うのは、以下。

 

-------------------------------------------------
  女性性に限らず
  「がむしゃらにチャレンジして自分の可能性をぶち破りたい」
  と思うような気持ちになってもらうためには、どのようなサポートができるか。

 

  また、そもそもそういう気持ちは人生哲学、仕事哲学など、
  本人の価値観からくるものだと思うが、
  そもそもそれを会社が変えようとするべきなのか、または変えることができるのか?
--------------------------------------------------

このために必要なものは、2点あるように思います。

ひとつは、 『健全な欲望』

もうひとつは、
  『自分は、自分と自分の環境を変える力を持っているという、
   自分への基本的信頼感』

 

 

■「健全な欲望」について

 

ひとつめの「健全な欲望」というのは、文字通りの「欲」です。

 

仕事上の目標でも、プライベートの希望でも、物欲でも名声欲でも何でもいいのです。

今の自分では足りない、でもどうしても手に入れたい何かがある・・・・
そういった『欲』なくして、「今の自分をぶち破りたい!」という強いエネルギーは
生み出せないもののように思います。

 

ライフ・ポートフォリオのセミナーでは「人生で実現したいこと」を
とにかくたくさん書きだしてイメージしてもらうのですが、
それは、この「健全な欲望」をかきたてる意味があります。

 

ただ、欲に取りつかれて嫉妬や不満のカタマリになるのは問題です。
「健全な」と書いたのは、自分の欲求と能力と努力とを
上手にバランスさせることができる、ということですね。

 

 

■「自分への信頼感」について

 

そしてもうひとつの
「自分と自分の環境を変えられるという、自分への信頼感」
こちらの方は、少々根深い問題になってきます。

 

というのは、「サラリーマンである」という状態のなかで
「自分では自分の環境を変えられない」という無意識のすりこみを
行ってしまうケースが多いからなのです。

組織に属していても、自分の仕事、お客様、同僚、上司・・・・
そういった「環境」は自分の意思や関わり方で変えられる、
という意識を持ち、維持するのは難しい事ではあります。

それには、お勉強や正論や精神論ではなく、実際に身近な存在として
環境に主体的に関わりながら、変化を生みだし楽しんでいる人物
・・・「ロールサンプル」をたくさん知っているかどうか、カギになります。

ですから、「会社が変えられるか」という点は、イエスでもあり、ノーでもあります。
ただ、変えるための伏線をはり、変化の確立を高めることは、
確実に「できる」といえるでしょう。

 

現在、女性の交流会「うるっぷ」は会としてのイベント活動は
休止中になっているのですが、やはり相互に「健全な欲望」を刺激しつつ
「自ら環境を変化させて楽しむ」スタイルを体現している集団というのは
得難いものだなあ・・・と思います。(手前味噌ですが)

まだ構想段階ですが、「うるっぷ」をリスタートする形で
女性にとっての”ロールサンプル”が集まる会を作りたい
そんなことまで考える問いでした。

すこし尻切れトンボですが、今日の雑感でした。
よい質問をくださったお客様に心からの感謝しつつ。

 

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook