米国の女の子向け雑誌「kazoo」をご存知ですか?

ちょっと寄り道のお話です。

アメリカの女の子向けの雑誌「kazoo(カズー)」をご存知でしょうか。
数ヶ月前、facebookページ「朝日新聞DearGirl」で紹介記事がシェアされ、

偶然目にしたことから、今、大変に注目をしています。
(いわゆる”マイブーム”ですね)

記事:アメリカ発の「強く、かしこく、やんちゃな」女の子向け雑誌

そもそもこの雑誌の成り立ちからして異色です。
編集者の女性が、就学年齢になった娘と一緒に本屋に行ってみると、
女の子向けの雑誌は「ファッション」「ヘアケア」の情報ばかり・・・

その状況にびっくりし、もっと女の子がのびやかに
「自分らしくあること」「知らない世界を楽しむこと」を応援する雑誌を作ろう!
といってクラウドファンディングで資金を集めスタートしたのが、kazooです。

女の子をめぐるメディアの状況は、日本でも同じ(むしろ酷い)状況です。
NHKのEテレの子ども番組でさえ、「女の子」に関わるメッセージでは
ステレオタイプな表現が繰り返されていると感じます。
そして本屋に行けば「女の子のおしごと図鑑」という書籍があり、
幼児向けのお人形でも「お化粧できる」機能が売りになっています。

kazooのコンセプトは
The magazine for girls who aren't afraid to make some noise

空気を読んで自分の気持ちを押し殺すことなく、自分を自由に表現できること。
それって、クールだし、かっこいいし、何より楽しよね!
そんなメッセージが全ページにあふれた雑誌です。

kazooを読みながら、そんな社会にしていきたいと、つくづく感じます。


さて実は私、この雑誌のことが気になり過ぎた結果、
アメリカからバックナンバーを取り寄せ、
さらにはfacebookでファンページまで作ってしまいました(笑)
→ kazoo fan Japan facebookページ

雑誌についての詳しい情報や、入手方法などを紹介してますので
よろしければのぞいてみてくださいね。
(特に女の子をお持ちのパパさん・ママさんはぜひチェックしてください!)

このkazooの表現する世界観が、20年後の女性活躍、さらには
その先にある「男性も女性も自由にのびやかに生きられる社会」に
まっすぐにつながっていると私は感じています。

 

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング

Facebook