不確実な未来のためにブレーキを踏まない

 ~仕事を続けるための二律背反のヒント

 
昨日、うるっぷ懇親会の報告をアップする中で
facebookCOOのシェリー・サンドバーグさんのスピーチを紹介しましたが
そのなかで、とても胸にせまる教訓があったので、
少し突っ込んで、とり上げてみたいと思います。
 
シェリ-・サンドバーグさんの3つ目のアドバイスの中で、
こんな話がありました。(前原の解釈の要約です)
 
・・・・・・・・・・・
 
  多くの女性は、家庭を作り、子供を作る事を考え始めたとたん
  まだ不確実な未来に向けて、”時間を確保"しようとする
  その結果、自分から手を上げなくなり、キャリア上のチャレンジを見逃し、
  少しずつ現状維持を選ぶようになってしまう。
 
  一方、子供を育てながら働くということは、
  時間的にも精神的にも、タフな状況に直面するし
  時には、子供に対し罪悪感を感じてしまうこともある。
 
  その時、仕事を続けようとがんばる原動力・モティベーションの
  源泉となるのは、やりがいのある”仕事”そのもの
  くわえて、周囲からの感謝や承認や期待、
  ときには「責任」さえも、大きな力になってくれる。
 
  しかし、子供を授かるずっと前にチャレンジを止めてしまった人は
  自分の能力を活用しきれない、飽き飽きした仕事しかする事ができない
  (その結果、自分にとってより重要な家庭を選び、仕事を辞めてしまう)
 
  だから、不確実な未来に向けてブレーキを踏んではいけない。 』
 
・・・・・・・・・・・
 
女性のライフプランを考える中で、多くの人が抱える悩みを
見事に切り分けてくれるアドバイスだと感じました。
 
 
「仕事」と「育児(+家庭)」という役割の両立は、
のんびり自由自適に楽しい事ばかり ・・・ であるはずは、ありませんね。
 
そのとき、過去の自分の挑戦の結果手に入れた”仕事”そのものが
とりもなおさず、仕事を続けるエネルギーを与えてくれる。
 
このことは、ライフ&キャリアプランを考える上で、
とても大きなヒントだと思います。
 
 
育児に手がかかるのは、ほんの10年くらいのこと。
その後の、40代・50代、そしてその後の自分の人生を考えれば
「仕事」という要素を、人生からなくしてしまうのは本当にもったいない事ですし
場合によっては、「人生後半、やることなくてスカスカ」になりかねません。
 
そのためにも、20代、そして30代のうちに
どれだけチャレンジをできるか?
 
 
これは、「兼業主婦」を実践する私としても日々悩ましいテーマですが
スピーチからたくさんのエールを受け取りました。
 
いつまでも、心から「働きたい」「仕事がしたい!」と思い続けられるよう
いまは、全力疾走で仕事をするべき時です。
 
 
躊躇しているヒマは、ありません。
 
 
・・・
 
 
一方、この話を考える上で、企業の女性に対する「配慮」は
どうなのだろう?という疑問が生まれてきます。
 
まだまだ、育休明けの女性に対する「配慮」として
”負荷の少ない”仕事・職場に異動する会社も少なくありません。
 
その事が、かえって働き続けようと言う女性の意欲を
削いでいるのかもしれない・・・・
 
そんな事も考えさせられるメッセージでした。
 
 
このスピーチは、いつか子供を授かりたいと考えている
すべての働く女性(そしてこれから働く女性)に見てほしいと思いました。
 
まだご覧になっていない方、ほんの10分ちょっとの映像です。
ぜひ、こちらから、どうぞ。
代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング

Facebook