「自治会のお仕事」の効用

 ~ライフ・ポートフォリオを豊かにするために

わたくし事ですが、引っ越しをして丸2年が経ったところで、、

来年度はマンションの管理組合の役員の当番が回ってくることになりました。

 

おまけに、今年の夏は地域の大きなお祭りの例大祭(本祭)の年にあたり、

マンションの自治会といえども、所属の町会と連携して

例年以上に様々なお仕事がありそうな気配です。

 

とはいえこの「自治会のお仕事」、そう嫌うものでもありません。

 

引っ越し以前に住んでいたマンションでも、すでに1度

マンションの自主管理組合の役員をやったのですが、

こういったお仕事の”メリット”は、なかなか無視できないものがあります。

 

一番大きいのは、ご近所ネットワークができることでしょう。

この”メリット”の大きさは、東日本大震災の時にクローズアップされましたが、

そういった非常時だけでなく、地域の治安などの安全・安心情報や

人気のスポット・お得な情報・幼稚園・学校etcの生活情報が入ってくると言う点でも

なかなか無視できないネットワークです。

(パパママネットワークも同様ですが、同世代に偏らないのが自治会の強みです)

 

また、何事もそうですが”世話人”のところには、一番情報が入ります。

いざという時に頼りになる人はだれか、相談を持っていく窓口はどこか、

そういった事が良く分かるのが、こういった地域の仕事のメリットだと思います。

 

対して、自治会の実務はどうかと言えば・・・・

顔役クラスでなければ、仕事でやっている日常業務に比べずっと楽なものです。

 

以前住んでいたマンションでは、役員の名義はご主人なのだけれど、

実際に定例会に来るのはその奥様・・・という状況でした。

 

会社勤めで毎日残業では、ライフ・ポートフォリオは仕事に偏るばかりです。

地域に関わる”チャネル”として、こういった地域の世話人のお仕事は

ぜひ男性陣にも、積極的に活用してほしいと思います。

 

我が家でも、今回の管理組合のお仕事については

夫を主担当に、地域のネットワーク作りに活かしていきたいと思っています。

 

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook