「優先順位」と「取捨選択」の違い

 ~「未来の自分に託す」という判断

先日、ある後輩のキャリア相談にのっていたときのことです。

「優先順位をつける」ことと「取捨選択する」ことは、
まったく違うことなのに、言葉の印象として、混同されやすいようだ

・・・ということに、気が付きました。

 

その後輩はとてもビジョナリーな発想の持ち主で、

これからやってみたいこと、取り組みたいことのイメージが

どんどんあふれてきていました。

 

ビジョンが溢れすぎて、雑多になっている部分もあり、

当然、短期的には実現できない夢もたくさんありました。

 

そのことで、「自分の能力も、人脈も、時間も足りない」

「全部やりたいのに、自分の力が限られていて・・・」と悩んでいるようでした。

 

相談の中で、私はこう言いました。

「中長期でやりたいことと、今できることは分けて考えないと。

 優先順位をつけて、ひとつずつだよね」

 

そうすると、後輩はとてもつらそうな顔でこう言ったのです。

「そうですよね。できることを見極めて、

 切り捨てていかないといけないんですよね。。。」

 

いえいえいえいえ、違いますよ!

 

「別にやるべきじゃないとか、無理だなんて言ってないよ。

 切り捨てなくていいし、諦めなくてもいいじゃない。

 それは”40代の自分の計画””50代の自分の計画”に入れればいいんだよ。

 

 それに、いま能力も人脈も足りないって悩んでることだって、

 あなたが40代や50代になるころには、解決してるかもしれないでしょう?」

 

後輩は、この言葉で、ずいぶんと気持ちが楽になったようです。

 

 

私自身、「優先順位づけ」という言葉はよく使うのですが

これが"取捨選択”と混同されているとしたら、とても残念なことだと思います。

 

優先順位を下げるということは、
「それはやる価値が低い」ということではないし
「諦めるべきだ」ということでもないし、
「実現不可能なことだ」ということでもありません。

人の持っている時間や能力は有限だとう現実のなかで、、
「今すぐにやれること/やらなくてはいけないことでは、ない」
もしくは
「未来の自分に託した方が、より良い形で実現できる」
という判断をすることではないでしょうか。

これは、単に先送りにすることとは違います。

最低限必要な「種まき」をしながら、夢を熟成させるのです。

 

 

この視点は、ライフ・ポートフォリオのひとつのポイントでもあります。

 

ワークライフバランスも、一生の時間軸でダイナミックにバランスさせていく。

やりたいことは、時間差をつけて実現させていく。

さらにそのことで、夢やチャレンジのサイズも、より大きく広げることができます。

 

ライフプランやキャリアプランは、「4次元」で考えると

とても楽になるのです。

 

そんな視点が、当たり前にしていきたいと思ったエピソードでした。

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook