「ライフイベント前」の重要性

  ~仕事のやりがいの有無が「ぶら下がり」の分かれ目

 

ライフ・ポートフォリオでは、以前より女性活躍推進においては

「ライフイベント前」の施策・意識啓発が重要であると繰り返し発信してきました。

 

先日、内閣府が発表した「ワークライフ・バランス推進のための意識調査」にて

それを裏付けるデータが発表されましたのでご紹介いたします。

 

そのデータとは、「仕事のやりがいと就業継続意向」です。
(本文続く)

 

このデータからは、産休前に仕事にやりがいを感じていた方ほど、

産後に復職する意欲が高いことが示されています。

 

一方、大手企業など、産休・育休・時短勤務等の各種支援制度が潤沢な環境の場合、

就業継続の意欲が低いにもかかわらず、せっかく使える制度があるならと

復職しているケースも存在する、ということは、皆さん体験的にご存知と思います。

 

今回のデータは「何となく復職」を予防する方策も示してくれています。

それは、ずばり「ライフイベント前に、仕事に対するやりがいを感じさせておくこと」

 

ぶら下がり社員になるかどうかの分かれ目は、20代の仕事にかかっています。

 

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook