女性活躍推進 導入事例の紹介

女性部下を持つ管理職向け研修

対 象 者

 女性部下を持つ管理職

 

実 施 時 間(目安)

  9:00~17:00

 

対 象 人 数

 20名程度 ※人数については応相談

 

受 講 対 象 者 の 選 定 方 法

 ・女性部下を持つ管理職(指名)

 ・管理職全員を対象に希望者(手上げ式)

 ・各部門から1~数名が参加

 (部門による指名/派遣) など

※上記は一例であり、あくまで目安です

タスクポートフォリオ

プログラムの詳細を知りたい方へ

 施策検討のため、本内容を急いで知りたいという場合はご説明に伺います。

 詳細は右のボタンよりお気軽にお問い合わせください。

研修の効果

1. ダイバーシティ推進や働き方改革を自分事の課題として捉え、その必要性・重要性を理解します

 

2. 女性のキャリア観の特徴的な傾向や、潜在的に抱えるキャリア形成の見通しの難しさを理解し、意志疎通や指導に必要な前提となる理解を深めます

 

3. 女性部下指導において、「過剰な配慮」でも「手心無用」でもない部下の状況に応じたきめ細やかな支援・指導のポイントを学びます 

 

4. 女性部下の指導において、気を付けるべき表現や適切な伝え方、ヒアリングするべきポイント等について、質疑応答やケーススタディを中心に実践的に理解します

研修の内容

・具体的な部下をイメージしながら、メンバーの価値観やキャリア意向を推察し、成長を引き出すための関わり方を考え、ディスカッションを通じて理解を深めます

 

・ライフステージや年代によって細かく移り変わる女性部下の悩みや不安の内容を構造的に理解し、上司として関わる上でのスタンス・指導の在り方のポイントを理解します 

 

・公の場ではなかなか口にできない上司としての悩みやわだかまりも含めて自由に質問・意見交換を行い、「建前」「べき論」だけではない、個別のケースに応じた対処の仕方についてもアドバイスを行います

 

・女性部下の能力開発をする上で、自らの持っている無意識の「リーダー像」の枠に気付き、多様な活躍・貢献のあり方に気付かせます

 

参加者の声

今までの部下とのコミュニケーション不足を反省している。もっと部下のプライベートやキャリア観について理解するために自分から歩み寄るべきだった。今後は日ごろから声がけをしていきたい。

部下とは面談を行う際にプライベートを含めた話をしますが、意外と細かな情報は記憶しておらず、今回の研修を受講して反省しました。育成の仕方は部下一人ひとりによって異なるため、時間をかけて対応していくよう心掛けます。

自身の考えるリーダー像が固定的だった。リーダーには様々なスタイルがある。日々もっと部下を洞察し、部下それぞれに合わせた育成をしていきたいと思う。

導入企業(業界)

 住宅設備・出版 など

プログラムの詳細を知りたい方へ

 施策検討のため、本内容を急いで知りたいという場合はご説明に伺います。

 詳細は右のボタンよりお気軽にお問い合わせください。

             
代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング

Facebook