施策検討のため、本内容を急いで知りたいという場合は

 ご説明に伺います。詳細はお問い合わせください。

人事向けセミナー

ワークライフバランス時代のキャリア研修 セミナー

若手社員のキャリア意識を高めるポイント紹介

■ ワークライフバランスとキャリア開発の整合性

 

“ワークライフバランス“の発想が当たり前になりつつある今日、

若手からの「なぜ、自己研鑽とキャリア形成をしなくてはならないのか」という

素朴な疑問に直面するケースが増えてきています。

 

共働きを前提としたライフプラン・キャリアプランが一般的になったことで、

「キャリアアップを志向すると、自分のライフプラン(私生活)を制約しかねない」

という不安から保守的なキャリア観を持つ人も少なくありません。

 

 

■ 無欲で淡泊、現状満足の「さとり世代」とは

 

「さとり世代」とは2013年流行語大賞にノミネートされた言葉で、

無欲で淡泊、無駄な消費や努力を避け、コストパフォーマンスを重視するといった

最近の若者の行動の特徴を表す表現です。

 

物心ついた頃にはバブル崩壊しており、マイナス成長の時代を生きてきたため

会社や仕事に対し、一線を引いた労働観を持っています。

 

そのため「さとり世代」は、これまでの世代とは異なり

出世する、キャリアアップする、挑戦する、成長するといったことに

あまり関心を持っていません。

 

もちろん、インターンシップや起業に高い関心を持ち行動する若者もいますが、

そういった「行動する意識の高い若者」と、「そうではない一般の若者」に

二極化が進んでいると言えます。

 

そして、売り手市場の就職戦線を背景に、

この二極化の傾向は、今後さらに顕著になっていくでしょう。

 

 

■ 働き手の視点に寄り添うキャリア意識の啓発

 

こういった、キャリア≠自己実現と割り切り、「ほどほど」のキャリアを志向する背景には

ひとりの働き手としての、それなりの合理的な判断があります。

 

これを「意識が低い」「やる気がない」と嘆き、上から目線で批判しても

肝心の若手のキャリア意識や行動は変化しません。

 

本セミナーでは、「自己実現のためのキャリア」という限定的な視点に捉われず、

ワークライフバランスの観点から「働くこと」に向き合い

「キャリア形成」の必要性を伝えるポイントを紹介します。

セミナー内容

・就職活動が生みだす「キャリア意識の二極化」

・「なぜ、働くのか?」を問い直す

・ワークライフバランスとは、「良き人生のためにどう働くか」

・一生の時間軸で考えるダイナミックなワークライフバランス

・キャリアの「積み上げ」と「幅だし」

会場へのアクセス

すぐに内容を知りたい方へ

・竹橋駅(東西線) 3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分

・神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線) A9出口より徒歩7分

・大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線) C2b出口より徒歩8分

・小川町駅(新宿線・千代田線) B7出口より徒歩8分

・JR神田駅 西口出口・出世不動通りより徒歩12分

詳しくはこちら

すぐに内容を知りたい方へ

 施策検討のため、本内容を急いで知りたいという場合は

 ご説明に伺います。詳細はお問い合わせください。

【過去の開催実績】

2017年 :7月28日(金)  8月25日(金)        
代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook