当社の基本コンセプト

 当社はいくつかの核となるコンセプトに基づき研修プログラムを設計・実施をしております。そのなかでも特に重要ないくつかのコンセプトについてご紹介いたします。

ライフ・ポートフォリオ©

 人が持っている最大の財産は『時間』という発想からスタートし、時間のポートフォリオ設計…ライフ・ポートフォリオという観点から、キャリアプランやライフプラン、働き方について考えます。

 ライフ・ポートフォリオの構成要素は多岐にわたりますが、大きく分けて「仕事」「家庭」「自分自身」「社会活動」の4つに分類されるのではないでしょうか。

 

 ライフ・ポートフォリオの観点で考えた時、個々の働き手のなかで大きな視点の転換が生まれます。すなわちキャリアのみを抜き出して働き方を考える発想から、働き手自身の生活-ひいては人生を良きものにするためのキャリア・働き方という発想です。

 このとき、キャリアやワークライフバランス、働き方改革といったテーマに対し、働き手自身の主体性が生まれます

 

ライフタイム・キャリア

 ライフタイム・キャリアとは、「一生の時間軸で考えるキャリア形成」を意味する当社の用語です。これからの時代、70歳まで働くことが一般的になってくるなかで、一人の人は50年程度の職業人生を生きることになります。

 

 このとき、「キャリア」―言いかえるなら「働くちから」は、自らの人生を切り拓くための心強い味方となります。すなわち、労働とは苦役ではなく、自らの自由と可能性を手に入れるための活動です。

 そして、さまざまなライフイベントがありながらも、一生の中で「働く時間」は決して小さなものではありません。その時間を実り多いものにしてゆくことは、経済的な豊かさのみならず、人生の豊かさに直結してきます。

 

 その理解があれば、短視眼的で安易なワークライフバランスに陥ることなく、長い職業人生のなかで持続的かつ主体的・積極的なキャリア形成の姿勢を引き出すことが可能です。

 

 「ライフ・ポートフォリオ」の観点から働き手自身の「人生」を中心に据えたとき、キャリア形成に対して消極的になるのでは?権利主張型のモラルハザードを誘発するのでは?といった懸念をもつ人事ご担当者もいらっしゃいますが、それは杞憂です。

 働き手の人生に寄り添い「働くこと」を真摯に考えるとき、それはおのずと「どう働くか?」という健全な問題意識につながってゆきます。

 

働き方の3つの志向

 「ワークライフバランス」という言葉が一般に浸透してきたものの、その理解はまちまちです。そのため、働き方改革やキャリア開発に関わる様々なシーンで総論賛成・各論反対の議論が錯綜しています。

 これは「ワークライフバランスのバランス点」が人によって異なるためです。

 

 「ワークライフバランスが取れることは望ましいことだ」という総論は一致したとしても、「どのような状態がワークライフバランスが取れた状態なのか?」という基準は人によって違います

 私たちはまず、「働き方やキャリア形成の志向は、人によって異なる」というシンプルな現実を受け止め、理解しなくてはなりません。そして、それらの志向の違いは人生観そのものに関わる価値感であり、一方的に批判・否定してよいものではありません。

 

 人材開発に関わる人々や、企業内で意志決定に関わる立場の方は、多少なりとも「キャリアアップに対し積極的・肯定的」であり、能力開発や成果にストイックな傾向がないでしょうか。

 そのため、「自身の人生のなかで、仕事を通じた自己実現や成長は優先順位が低い」「今のタイミングはキャリアアップよりも家庭を重視したい」というタイプの方に無理解な場合が少なくありません。自分と異なる価値観のメンバーに対する「意識が低い」「覚悟が足りない」という一方的な否定は、組織風土やチームワークにも大きな影をなげかけます。

 

 当社では、働き方やキャリア形成に関わる志向を「ビジネス重視型」「バランス変動型」「ライフ重視型」という3類型に分類し、それぞれのタイプに応じたアプローチを行っています。

代表ごあいさつ・会社概要
育休復帰者 公開講座
産休・育休復帰者向け eラーニング
働き方・人事のプロフェッショナル 講師プロフィール
ライフ・ポートフォリオのブログ

Facebook